2−3 マッチアップゾーンディフェンスの極意 片峯聡太 練習

MENU

ゾーンディフェンス2−3

危険なエリアを重点的に守る2−3ゾーンを理解していますか?
ゴール下に3人並べて、前に2人が立って三角形で守るのが2−3ゾーンになり、インサイドを重点的に守ることが出来るディフェンスシステムです。

 

 

相手チームにドライブに優れた選手がいたり強いポストがいたりする場合に、有効な守備の戦術になります。
そんなゾーンディフェンスの2−3のポイントは、三角形の布陣を保ちながらボールに寄って守るようにすることです。
そして、ボール持っている相手に対して最も近くにいる選手が詰めてプレッシャーをかけていくようにします。

 

 

例えば、ウイングにパスが出たら、5人の形を崩さずにボールがあるほうにステップしてプレッシャーをかけるようにし、インサイドに入れられ時には、囲んで相手選手のプレーを封じるようにします。
このようにすると、ヘルプサイド側が空くようになってしまうのではないかと思うかもしれませんが、寄せることでロングパスも出せなくなるので問題はありません。

 

 

ただ、アウトサイドが弱いと考えて2−3ゾーンをしたものの、スリーポイントを打たれる展開になってきたら、マンツーマンに変更し、アウトサイドをケアする必要があります。
そして、この2-3ゾーンのメリットとしては、リバウンドやブロックショットなどに強い身長が高い選手がいる場合に、その選手を制限区域内に常に位置させることが出来ます。

 

 

デメリットとしては、フリースローラインより上は、前の2人でカバーしなくてはいけないので、フロントマンの能力が高いことがこのゾーンを成功させる上で必要になることです。
また、相手チームに3人のシューターがいる場合に、前の2人だけでは守り切れなくなります。
いずれにしても、長所もあれば弱点もあるので、それを十分に理解して上手く行うことが大切です。

 

 

なお、2−3マッチアップを展開していると、相手がスクリーンやカッティング、パンチングなどでハイポストを集中的に攻略してくることが十分に考えられます。
そのような状況では、1−3−1のディフェンスシステムが有効になります。

 

 

この片峯聡太監修のマッチアップゾーンディフェンスの極意では、2−3はもちろん、具体的に1−3−1の狙いと仕組みもDVDの動画で分かりやすく図解にして解説してあります。

 

2−3マッチアップゾーンの弱点と、その後の対応の仕方とは?

 

マッチアップゾーンディフェンスの極意 の詳細を見てみる